2005年12月14日

切ない想い

ラヴェンダーの咲く庭で
LADIES IN LAVENDER
ladiesinlavender.jpg
2004年 イギリス映画 英語 
1時間45分

監督:チャールズ・ダンス
出演:ジュディ・デンチ
マギー・スミス
ダニエル・ブリュール
ナターシャ・マイケルホーン
配給:角川ヘラルドピクチャーズ

【Abaut The Film】
1936年、イギリス、コーンウォール地方。ヨーロッパでは、歴史的な大きな出来事が起ころうとしていたが、ジャネットとアーシュラの姉妹はいつもと同じように静かな日々を過ごしていた。
そんなある日、1人の青年が嵐の去った浜辺に打ち上げられる。アンドレアと名乗る異国の若者を、2人は我先にと競って看病するが、時がたつとともに彼は特にアーシュラにとって大きな存在となっていくのだった。徐々に英語を覚える彼との楽しい会話、その指が奏でる美しいヴァイオリンの音色への驚きを味わいながら、叶うわけもないと、もう何年も心の奥底にしまいこんでいた感情がにわかに沸き起こる・・・。
しかし、その後突然にアンドレアはコーンウォールを去ってしまう。美貌の若手女性画家にヴァイオリンの才能を見出され、冬が訪れる頃、ロンドンのアンドレアから手紙が届く。そこにはロンドンでデビュー・コンサートを行うとあり、アーシュラとジャネットはロンドンへ向かう。今一度、彼の奏でる美しい調べを聴くために。(公式サイトより)



年配の姉妹と異国から流れ着いた若きバイオリニスト。
キャストからしてヒューマンドラマなのかと思いきや、これは切ないラブストーリーだ。

ステキな人に出会ったとき、人は恋をする。
いくつになってもその想いは同じ。

恋しい想いは美しい。
けれど、年をとってからの恋心。
しかも自分の孫にもなろうかという年齢の異性への恋心。
相手と自分を比べて、想いを押し殺さなければならない。

・・・切ない。
・・・好きな人に想いを伝えられないって、切ない。。。

自分の想いを伝えることができるってだけでも、まだ幸せじゃないかって思った。
(伝えた上で、また切ないんですがね・・・)

イギリスの作品ですが、こんな上質のラブストーリー、日本じゃ無理なんでしょうかね?


そしてジュディ・デンチとマギー・スミス。
ステキな女優さんです。

いつか、あんな女優になりたいですわ。
posted by ilove at 17:35| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/snow00411/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/snow00411/?mode=edit&title=%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3FE%3FE%3FE&address=http%3A%2F%2Filovei%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/snow00411/?mail

Posted by みんなのプロフィール at 2005年12月18日 16:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10659253

この記事へのトラックバック

ラヴェンダーの咲く庭で
Excerpt: 劇場公開時に“ピアノマン”報道があって、 その類似点からも「映画の宣伝か!?」 なんて話題になったよね、この作品。 結局、あの“ピアノマン”は失業して自殺しようとして、 浜辺を歩いていたところ..
Weblog: 映画とはずがたり
Tracked: 2006-02-03 00:30

ラヴェンダーの咲く庭で
Excerpt: ラヴェンダーの咲く庭で
Weblog: EMA
Tracked: 2006-02-19 16:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。